トヨタの人気プレミアムなセダンである『クラウン(CROWN)ロイヤルサルーン』と『クラウンアスリート』。

兄弟車種で見た目も非常に似ていますが、どの様な違いがあるのでしょうか?2012年12月フルモデルチェンジした14代目クラウンを比較してみましょう。

サイズ・燃費・価格を比較

ロイヤル アスリート
全長×全幅×全高 4895×1800×1460mm 4895×1800×1450mm
室内長×室内幅×室内高 1975×1510×1190mm 1975×1510×1190mm
JC08モード燃費 10.2~23.2km/L 9.6~23.2km/L
新車価格 396.4万円~584.8万円 396.4万円~584.8万円

室内は共に同じ広さ、新車価格も同価格帯です。全高はロイヤルが10mm高くなっており、燃費はアスリートの方が若干悪いですが、ここに両車種の性格の違いが出ています。

Sponsored Link

乗り心地の違い

どちらも静粛性がとても高く、エンジン始動はもちろん、走行中もエンジン音やロードノイズがしっかりと抑えられています。

クラウンはゆったりくつろげる乗り心地のロイヤルサルーンを基本にしています。最も「クラウンらしい」のがクラウンロイヤルともいえるでしょう。

サスペンションパーツをあえて柔らかくして、路面の凸凹を搭乗者に伝えない乗り心地の良さを向上させています。

一方、アスリートはスポーティーな味付けをしていて、操縦安定性を重視するためにサスペンションを硬くしています。

ターゲット層の違い

『いつかはクラウン』というキャッチフレーズで長く親しまれたクラウン。長年クラウンに乗り続けている人が多いのが特徴ですが、やはりユーザーが高齢化してきました。

そこで若い人向けに投入されたのがアスリートです。ピンクや若草色のボディカラー、ドラえもんとのコラボなどで注目を集めていますね。

その結果、クラウンアスリートは販売の6割を占める主力モデルとなりました。

販売割合では少なくなったクラウンロイヤルですが、昔からクラウンに乗っている人向けに必須のモデルといえるでしょう。なお、6代目「マジェスタ」は「ロイヤル」をベースにホイールベースを延長したものです。マジェスタの方がアスリートよりもクラウンらしいと言えるかもしれません。

安全装備について

現行モデルはどちらも『トヨタセーフティーセンスP』を全車に標準装備するなど、高いレベルの安全性能を備えています。

トヨタセーフティーセンスP
ミリ波レーダー+単眼カメラ方式の自動ブレーキシステム
プリクラッシュセーフティシステム
進路上の車両や歩行者を前方センサーで検出し、衝突の可能性が高いとシステムが判断したときに、警報やブレーキ力制御により運転者の衝突回避操作を補助します。
アダプティブハイビームシステム
夜間走行時に、周囲の明かりの状況によりハイビームで走行可能と判断した場合、ロービームをハイビームに自動的に切り替え、ドライバーの前方視界確保をアシストします。
ブレーキ制御付レーダークルーズコントロール
ミリ波レーダーセンサーからの情報によって先行車を認識し、設定車速内で車速に応じた適切な車間距離を保ちながら追従走行できます。

クラウンの中古車はどう?

クラウンを安く購入するなら、断然に中古車がお勧めです。

新車でクラウンを購入する人は、ほぼ全員が富裕層です。モデルチェンジ毎に買換える人が多いので、状態の良い車両が沢山売りに出ています。

また、長年トヨタを支えてきた看板モデルだけあって非常によくできていますから、故障の不安も少ない上に消耗品も豊富にあります。

>>カーセンサーでクラウンの中古車を探す

今乗っている車を高く売るなら一括査定がお勧め

ディーラーに下取りに出したらビックリするほど安かった・・・。こんな経験はありませんか?査定額の低さに疑問を持った時はネットの中古車査定サービスを使ってみることをお勧めします。

私がカローラフィールダーの査定依頼をしてみたら、下取り査定額と買取り査定額の差が35万3千円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイド

保険料を徹底的に安くするなら

自動車保険の更新を機に見直しを考える人は多いでしょう。

保険料は保険会社によって異なりますから保険料を安くするためには見積もりを比較してみるのが一番です。

保険の窓口インズウェブでは最大20社の一括見積もりが受けられ、申込にかかる時間も5分程度です。

自動車保険一括見積もり

Sponsored Link

Sponsored Link