2代目ステップワゴン
ベストセラーとなった初代ステップワゴンが2001年4月5日にフルモデルチェンジし、キープコンセプトで2代目となりました。

「子供を中心とした家族のバンザイ」というコンセプト通り、子供の視線に立って開発されました。ルックスは初代と同じ様なイメージのままに、全長4,670mm×全幅1,695mm×全高1,845mm~1,860mmとボディサイズが大きくなっています。

基本スペック

全長 全幅 全高
4,670mm 1,695mm 1,845mm~1,860mm
室内長 室内幅 室内高
2800mm 1560mm 1350mm
乗車定員 燃費 最小回転半径
8名 11.8km/L~13.2km/L 5.3m

初代ステップワゴンと2代目の違いは?

2代目ステップワゴンは安全性・居住性が高まっています。違いは下記の通りです。

  • 2代目ステップワゴンは全長と全高を伸ばし、室内長を延長することで居住性が高くなりました。
  • ボディサイズが大きくなってはいるものの、最小回転半径は先代よりも0.3m短い5.3mとなり小回りがきくようになりました。
  • 初代にあった2列5人乗り仕様が廃止され、2代目全てのグレードで3列シート8人乗りとなっています。
  • 燃費は初代の10.6km/L~11.2km/Lから11.8km/L~13.2km/Lとなっています。
  • ステップを45mm低床化し、子供や高齢者の乗り降りが楽チンになっています。また、ステップを低くしたことで室内高も伸びました。
  • ボディが側面衝突や後面衝突にも対応し、安全性が向上しています
  • 初代で好評を得た『回転対座』を補助席なしで出来る
  • 上級グレードはパワースライドドアが標準装備
  • 3列フルフラットシートを実現

3列フルフラットシートを実現したことにより「遊(対座モード)」「食(レストランモード)」「寝(3列フルフラットモード)」「積(カーゴモード)」の4つのモードに対応することになりました。

若者向けのスパーダシリーズが登場


2003年には黒を基調としたインテリアの「スパーダ」シリーズが登場しました。こちらは全幅が1.7mを超えるため、3ナンバー登録となります。

フロントマスクやバンパーのデザインを変更し、通常のステップワゴンがファミリー向けなのに対し、スパーダは若者向けのちょっとヤンチャな感じを出しています。

→2代目ステップワゴンの中古車を探す

今乗っている車を高く売るなら一括査定がお勧め

ディーラーに下取りに出したらビックリするほど安かった・・・。こんな経験はありませんか?査定額の低さに疑問を持った時はネットの中古車査定サービスを使ってみることをお勧めします。

私がカローラフィールダーの査定依頼をしてみたら、下取り査定額と買取り査定額の差が35万3千円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイド

保険料を徹底的に安くするなら

自動車保険の更新を機に見直しを考える人は多いでしょう。

保険料は保険会社によって異なりますから保険料を安くするためには見積もりを比較してみるのが一番です。

保険の窓口インズウェブでは最大20社の一括見積もりが受けられ、申込にかかる時間も5分程度です。

自動車保険一括見積もり

Sponsored Link

Sponsored Link