軽のオープンカーといえばホンダからはS660が、ダイハツからはコペンが販売されています。どちらも二人乗りのオープンカーという共通点があり、乗っていてとても楽しいクルマです。では、それぞれどんな違いがあるのでしょうか?

まずはS660とコペンのスペックをチェック

S660 概要・スペック

S660

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1180mm

ホイールベース:2230mm
車重:6速MTが830kg、CVTは850kg
JC08モード燃費:6速MTが21.2km/L、CVTが24.2km/L
最小回転半径:4.8m
荷室容量:ほぼ皆無

→S660の中古車を探す

コペン 概要・スペック

copen-robe

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1280mm

ホイールベース:2285mm
車重:5速MTが850kg、CVTは870kg
JC08モード燃費:5速MTが22.2km/L・CVTが25.2km/L
最小回転半径:4.6m
荷室容量:ちょっとだけ有り

→コペンの中古車を探す

小回りが利き・燃費が良く・ボディが高いのがコペンの特徴です。S660がいかにスポーツ性能を重視したのかは、これだけでもなんとなく感じられますね。

駆動方式の違い

S660ではエンジンをボディの中央に搭載するミッドシップ(MR)方式を採用されています。走行安定性や操舵感が良く、走っていて楽しいというスポーツカーらしいメリットが生まれています。

一方でコペンはエンジンをボディの前側に搭載するFF方式です。多くの自動車に採用されており、広い室内を確保できるというメリットがあります。

トップの開閉方法の違い

S660のソフトトップは手動方式です。ロックを外して、フロントフードの中に手動で収めます。

一方、コペンのハードトップは電動開閉式です。スイッチで簡単に開閉できるために不意に雨が降り始めた時でも、降車する必要がないメリットがあります。

ということで

使い勝手ならコペンが、走行性能ならS660がリードしています。あなたはどちらを選びますか?

Sponsored Link

余談ですが、コペンとS660にはターゲットとする購入層の違いがありました。

購入ターゲットの違いはあれど、どちらも購入者の多くが中高年

コペンのターゲットが主に中高年なのに対し、S660の購入ターゲットは若者です。ホンダは若者の車離れに歯止めをかけるため、あえて22歳の若手エンジニアをS660の開発責任者にした経緯があります。

しかし、両車種ともに実際の購入者の多くが50代以上という結果になりました。コペンの30代以下の購入層はの全体の3割、S660は2割以下となっています。なんと「若者をターゲットにしたS660の方が若者に受け入れられない」という皮肉なことになっています。

購入しているのは、セカンドカーやサードカーを探していた富裕層がメインだったのです。

S660が応えたのはスポーツカー好きの需要?

走りの追求のために実用性をバッサリと絶ったことは勇気のある決断だったでしょう。愛車はS2000という20代の開発責任者はスポーツカーの需要にバッチリ応え、S660は非常に好調な売れ行きとなっています。

しかし、人も荷物も乗れない乗り出し250万円のクルマはどうしても「セカンドカー」となってしまいます。S660の売れ行きは好調ですが「若者の車離れに歯止めをかける。若者に乗ってもらう。」という本来の開発意図からすれば的外れでした。

→コペン・S660の中古車を探す

今乗っている車を高く売るなら一括査定がお勧め

ディーラーに下取りに出したらビックリするほど安かった・・・。こんな経験はありませんか?査定額の低さに疑問を持った時はネットの中古車査定サービスを使ってみることをお勧めします。

私がカローラフィールダーの査定依頼をしてみたら、下取り査定額と買取り査定額の差が35万3千円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイド

保険料を徹底的に安くするなら

自動車保険の更新を機に見直しを考える人は多いでしょう。

保険料は保険会社によって異なりますから保険料を安くするためには見積もりを比較してみるのが一番です。

保険の窓口インズウェブでは最大20社の一括見積もりが受けられ、申込にかかる時間も5分程度です。

自動車保険一括見積もり

Sponsored Link

Sponsored Link