ミニバンとSUVの良さを兼ね備えた7人乗りSUV。日本で購入できる7人乗りSUVを紹介します。

国産の6車種

トヨタ ランドクルーザー

landcruiser

価格

8人乗りは約500万円~

燃費性能

燃費:6.7km/L(ZX)、JC08モード6.5km/L(GX)

ボディサイズ

全長:4,950mm
全幅:1,970mm
全高:1,870mm

インテリア

landcruiser-interior

雑感

トヨタが生産・販売する大型SUV。世界的に評価が高い。
どこでも走れるSUVとして砂漠や紛争地などでも利用されています。

5人乗りのGXや8人乗りのZXなどの設定があります。

レクサスブランドでは「レクサスLX」として販売。価格は1000万円~。

→ランドクルーザーの中古車を探す

Sponsored Link

トヨタ ランドクルーザープラド

landcruiserplado

価格

7人乗りは約350万円~

燃費性能

燃費:11.8km/L(2800DT TZ-G)

ボディサイズ

全長:4,760mm
全幅:1,885mm
全高:1,850mm

雑感

ランドクルーザーの派生モデルとして誕生したランドクルーザープラド。
ランドクルーザーが本気のオフロード車であるのに対し、ランドクルーザープラドは居住性などを重視して設計されています。

5人乗りのグレードと7人乗りのグレードが設定されています。ランドクルーザーよりもコンパクトになっており、燃費もよくなっています。

→ランドクルーザープラドの中古車を探す

三菱 パジェロ

pajero

価格

約375万円~

燃費性能

燃費:10km/L(ロングSUPER EXCEED)

ボディサイズ

(ロングSUPER EXCEED)
全長:4,900mm
全幅:1,875mm
全高:1,870mm

インテリア

pajero-interior

雑感

世界的に人気のあるクロカン4WD。7人乗りの”LONG”と5人乗りの”SHORT”の設定があります。

→パジェロの中古車を探す

三菱 アウトランダー

outlander-phev

価格

約250~320万円。

燃費性能

燃費:14.6km/L(24G Navi Package 4WD)、60km/h(PHEV)

ボディサイズ

全長:4,695mm
全幅:1,870mm
全高:1,710mm

インテリア

outlander-interior

雑感

PHEV(プラグインハイブリッド)が売れ行きのよいアウトランダー。カタログ燃費の60km/hに目を丸くした人もおおいはず。

2010年9月発売モデル以降は全グレードにおいて7人乗りのみの設定となりました。それ以前のモデルは「24G」に5人乗りの設定があります。

他車種と比べて車高が低いのが特徴です。

→アウトランダーの中古車を探す

日産 エクストレイル

X-TRAIL-exterior

価格

7人乗りは約240万円~

燃費性能

燃費:20.6km/L

ボディサイズ

全長:4,670mm
全幅:1,820mm
全高:1,715mm

インテリア

X-TRAIL-interior

雑感

2013年のフルモデルチェンジ後に3列シート7人乗りが設定されました。

3列目はかなり狭いです。大人が座るのであればあくまでも緊急用と考えた方が良いでしょう。

→エクストレイルの中古車を探す

スバル エクシーガ・クロスオーバー7

crossover7

価格

275.4万円~

燃費性能

燃費:13.2km/L

ボディサイズ

全長  :4,780mm
全幅  :1,880mm
全高  :1,670mm

インテリア

crossover7-interior

雑感

もともとはミニバンだった「エクシーガ」をSUVとして見直した「エクシーガ・クロスオーバー7」。
車名に7と入ってるだけあって7人乗り。

新車で購入できる7人乗りSUVとしては最安値の一つです。

→エクシーガ・クロスオーバー7の中古車を探す

マツダ CX-9

CX-9

価格

2代目CX-9は北米では4万5000ドルから。(1ドル120円換算で540万円~)

ボディサイズ

全長:5,071mm
全幅:1,936mm
全高:1,734mm

インテリア

CX-9-inte

雑感

ミニバンの需要が縮小傾向にある北米市場で投入された初代CX-9。
2代目CX-9は2015年ロサンゼルスオートショーでワールドプレミアされました。2代目のボディーサイズは5065×1969×1716mm(全長×全幅×全高)

輸入車8車種

BMW X5

x5

価格

7人乗りは859万円~

燃費性能

燃費:JC08モード14.0km/L(xDrive35d Standard)

ボディサイズ

全長:4,910mm
全幅:1,940mm
全高:1,760mm

インテリア

x5-interior

雑感

2013年10月から日本市場に導入されたX5。一部のグレードにサード・ロー・シート(3列目シート)装備の設定があります。
3列目シートは狭いため、大人が乗るのであれば緊急用と考えた方が良いでしょう。

→X5の中古車を探す

アウディ Q7

q7main_visual_v3

価格

804万円~

燃費性能

燃費:JC10.15モード8.6(km/L)

ボディサイズ

全長:5,086mm
全幅:1,983mm
全高:1,737mm

インテリア

q7

雑感

フォルクスワーゲン・トゥアレグの兄弟車。Q7には7人乗りのグレードがあります。
トゥアレグよりもオンロード指向のセッティングで、オフロードにおける走行性能は貧弱。

→Q7の中古車を探す

ボルボ XC90

volvo-xc90

価格

774万円~

燃費性能

燃費:JC08モード15.3km/リッター

ボディサイズ

全長:4,950mm
全幅:1,960mm
全高:1,775mm

インテリア

s-2016_Volvo_XC90_Interior

雑感

2016年1月27日に発表、販売を開始した新型XC90。
デザイン面ではドイツ車や日本車とは一線を画するスカンジナビアデザインが特徴。

→XC90の中古車を探す

ランドローバー レンジローバースポーツ

range-rover-sport

価格

850万円~

燃費性能

7.8~8.4km/L

ボディサイズ

全長:4,885mm
全幅:1,985mm
全高:1,800mm

インテリア

range-rover-sport-interior

雑感

ランドローバー史上最速と言われるレンジローバースポーツ。
オプションで3列目シートを付けることができます。

→レンジローバースポーツの中古車を探す

フォード エクスプローラー

new-explorer

価格

460万円~

燃費性能

燃費:JC08モード7.2~8.6km/L

ボディサイズ

全長  :5,020mm
全幅  :2,000mm
全高  :1,805mm

インテリア

new-explorer1

雑感

米国におけるSUVの売り上げが14年連続でNo.1となっている人気車種。
2011年5月にモデルチェンジして4代目となった現行車種は、燃費性能が従来型から20%向上しました。

長く広い室内空間。3列目シートでも大人が余裕でくつろげます。

→エクスプローラーの中古車を探す

キャデラック エスカレード

escalade

価格

1,149万円~

燃費性能

5km/L程度は走るらしい(ネットの口コミ調べ)

ボディサイズ

全長:5,195mm
全幅:2,065mm
全高:1,910mm

インテリア

escalade-interior

雑感

海外ドラマなどでも良く見かける米国の最高級SUVエスカレード。
2015年になって初めて日本市場に導入されました。2:2:3という配列の3列シートです。

→エスカレードの中古車を探す

リンカーン ナビゲーター

navigator

価格

1,028万円~

燃費性能

5km/L程度は走るらしい(ネットの口コミ調べ)

ボディサイズ

全長:5,290mm
全幅:2,010mm
全高:1,980mm

インテリア

navigator-interior

雑感

リンカーンの大型高級SUV。エスカレードよりもさらに大きなボディサイズで、3列目シートでも大人が余裕でくつろげます。

→ナビゲーターの中古車を探す

シボレー キャプティバ

captiva

価格

369万円~

燃費性能

ボディサイズ

全長:4,690mm
全幅:1,850mm
全高:1,790mm

captiva-interior

雑感

ここまで紹介したアメ車の中では唯一全長が4m台というミドルサイズのSUVがキャプティバです。
上位モデルでも500万円程度で手に入るので輸入車の中ではお手頃ですね。

→キャプティバの中古車を探す

おすすめは何?

『どこでも走れるパワフルなSUVが欲しい』という方はランドクルーザーやパジェロを、『燃費が良くて経済的なことを優先する』のであればアウトランダーを、『豪華なSUVが欲しい』という方にはエスカレードをオススメします。

また、『安全面が最優先』というのであれば、日本国内のどこでも整備がしやすいランドクルーザーやランドクルーザープラドでしょう。

実際に試乗する際には、3列目シートのチェックを念入りにしておくと良いでしょう。
おまけ程度付いている3列目シートは、エアコンの効きも悪いことが多いです。夏場や冬場にエアコンの効きが悪いのは正直シンドイですから、1年を通してどのように乗るかを考えた上で購入を検討したいですね。

おわりに

きっかけは同僚Aとの会話でした。

A「かみさんが妊娠したんよ。」
「マジか!おめでとう!4人目か~。」
A「せやで。しばらくしたら育児休暇とるから宜しく頼むでー。」
「あいよー、しっかり子育てするんやでー。」
A「そういや子供が生まれるから車も替えなきゃあかんねん。うちもミニバンかー。正直、なんかイヤ。」
「いやあ、SUVやステーションワゴンにも6人乗れるのがあるっちゃーあるで。」

子供が4人となれば5人乗りの車じゃダメですよね。6人以上乗れるクルマとしてまず思いつくのがミニバンですが、それ以外にSUVという選択肢もあるんですよってことで。

同僚Aよ。おめでとう!

今乗っている車を高く売るなら一括査定がお勧め

ディーラーに下取りに出したらビックリするほど安かった・・・。こんな経験はありませんか?査定額の低さに疑問を持った時はネットの中古車査定サービスを使ってみることをお勧めします。

私がカローラフィールダーの査定依頼をしてみたら、下取り査定額と買取り査定額の差が35万3千円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイド

保険料を徹底的に安くするなら

自動車保険の更新を機に見直しを考える人は多いでしょう。

保険料は保険会社によって異なりますから保険料を安くするためには見積もりを比較してみるのが一番です。

保険の窓口インズウェブでは最大20社の一括見積もりが受けられ、申込にかかる時間も5分程度です。

自動車保険一括見積もり

Sponsored Link

Sponsored Link