10年落ちの車は買っても良い?

低年式・高年式とは?

低年式・高年式とは、主に中古車業界で使われる用語です。

製造されて間もない新しい車が高年式、古い車は低年式と呼ばれています。

低年式:古い車
高年式:新しい車

車買取の基準の一つが年式です。どれだけ綺麗な状態でも、低年式になるほど中古車の価値は下がっていきます。

いつから高年式でいつから低年式?

製造から○年までなら高年式、●年落ちしたら低年式という明確な定義はありません。

ただし、概ね以下のような基準を持っている人が多いです。

高年式:登録から3年未満
低年式:登録から7年以上

Sponsored Link

年式とともに走行距離も大切

年式とともに重要となる基準が走行距離です。

車は走るほど消耗品が劣化するため、年式よりも更に重要な判断基準です。

タイミングベルトやエアコン類のベルトなどは8万km~10万kmで交換時期といわれています。

また、10万kmを超えるとバッテリーやプラグなどの電子機器にもトラブルが多くなってきます。

走行距離の少ない5年落ちはお買い得

5年落ちの中古車は2回目の車検で手放したパターンが多いですね。

フルモデルチェンジも一度は経験しているため、一気に割安な価格になるのがこの年式です。

初期不良を交換して、リコールやサービスキャンペーンも一通り出尽くした頃ですね。

安定して乗ることができるという大きなメリットがあります。

低走行車なら10年落ちでも実用性は十分

デザイン面ではかなり古くなるのが10年落ちの特徴です。

『10年落ちの車に査定は付かない』なんて言われますよね。昔は10年落ちの車は1年毎に車検を受けることが義務付けられていました。

しかし、現在は10年落ちでも車検は2年毎です。法的にも耐用年数が伸びたことは証明されていますし、街中を見ても10年落ちや15年落ちの車が沢山走っています。

走行距離さえ少なければ問題なく乗ることができます

走行距離3万km以下の中古車なら、乗り出し50万円以下で購入しても問題なく乗れる個体が多いです。

>>カーセンサーで走行3万km以下・10年落ちの中古車を見てみる

今乗っている車を高く売るなら一括査定がお勧め

ディーラーに下取りに出したらビックリするほど安かった・・・。こんな経験はありませんか?査定額の低さに疑問を持った時はネットの中古車査定サービスを使ってみることをお勧めします。

私がカローラフィールダーの査定依頼をしてみたら、下取り査定額と買取り査定額の差が35万3千円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイド

保険料を徹底的に安くするなら

自動車保険の更新を機に見直しを考える人は多いでしょう。

保険料は保険会社によって異なりますから保険料を安くするためには見積もりを比較してみるのが一番です。

保険の窓口インズウェブでは最大20社の一括見積もりが受けられ、申込にかかる時間も5分程度です。

自動車保険一括見積もり

Sponsored Link

Sponsored Link