N-BOXの広い室内空間で人気が出た『軽スーパーハイトワゴン』というジャンルに、ミニバン並みに車高のあるウェイクが参入しました。

N-BOXがタウンユースを強く打ち出しているのに対し、後発のウェイクはレジャーに役立つ使い勝手の良さを売りとして徐々に人気を獲得しています。この記事では、そんなウェイクとN-BOXを比較します。

Sponsored Link

スペックを比較

まずは2車種の主要スペックを見てみましょう。

ウェイク
N-BOX
全長 3395mm 3395mm
全幅 1475mm 1475mm
全高 1835mm 1780-1800mm
車両重量 990-1060kg 990-1050kg
室内長 2215mm 2180mm
室内幅 1345mm 1350mm
室内高 1455mm 1400mm
最小回転半径 4.4m-4.7m 4.5m-4.7m
ホイールベース 2,455mm 2,520mm
JC08燃費 23.2km/l-24.6km/L 20.8km/L-25.6km/L

特筆したいのがウェイクの全高です。ホンダ・ステップワゴンは1815mm、ヴォクシーノアは1850mmですから、軽自動車でありながらミニバン並みの車高を確保しています。

室内空間も上方向に広くなっており、室内長1455mmという、小学校5年生の子供でも立って着替えられるほどの数値となっています。

N-BOXも『子供を迎えに行って自転車ごと拾って帰れる』というコンセプトで開発されていますから、家族にとって使い勝手の良い広い室内空間なのは間違いありません。

>>ウェイク・N-BOXの中古車をチェックする

デザインの違い

室内の広さで売っているスーパーハイト系ワゴンは、どれも軽自動車の規格いっぱいでデザインしますから、どうしても同じような外観になります。

両車種の大きな違いが車高です。ウェイクは軽自動車で初めて全高が1.8mを超え、1835mmとなりました。この車高を利用して豊富な収納用オプションを設定するなど、積載性の高さや道具としての使いやすさが魅力となっています。

一方でN-BOXは、人を中心に考えた快適空間が魅力です。世界で初めて単板窓ガラスを採用し、紫外線約99%と赤外線をしっかりカット。乗員全員を日焼けから守り、暑さも軽減しています。

ウェイクのイメージカラーはトニコオレンジメタリックやフレッシュグリーンメタリックですが、フェイタスイエロー、オフビートカーキメタリックなどの設定があります。

N-BOXのイメージカラーはプレミアムホワイト・パールⅡ。ツートーンカラーも人気があり、職人の専用工程による生産がされています。

走行安全機能

ウェイクもN-BOXも車高はミニバンと同じなのに、全長や全幅は軽自動車規格の制限内で設計しています。そのため、車両形状は『横風の影響を受けやすく、重心が高くてカーブでの安定性が低い』というデメリットがあります。

このデメリットを解消するために開発されたのが、車両を安定させるための電子制御技術です。

急なハンドル操作や、滑りやすい路面でのコーナリング時に横滑りが発生した場合、ブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールして車両安定性を確保します。発進・加速時にタイヤの空転を抑えて、安定した発進・加速を確保します。

ダイハツはVSC&TRC(Vehicle Stability Control&Traction Control)、ホンダはVSA(Vehicle Stability Assist)と名付けています。

ウェイクのVSC&TRC

ホンダのVSA(Vehicle Stability Assist)

ウェイクの主要な走行安全機能

  • 衝突回避支援ブレーキ機能
  • 衝突警報機能(対車両・対歩行者)
  • 車線逸脱警報機能
  • 誤発進抑制制御機能(前方・後方)
  • 先行車発進お知らせ機能
N-BOXの主要な走行安全機能

  • 低速域衝突軽減ブレーキ
  • 誤発進抑制機能
  • 前席用i-サイドエアバッグシステム
  • サイドカーテンエアバッグシステム
  • VSA (ABS + TCS + 横すべり抑制)
  • ヒルスタートアシスト機能

「シティブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ + 誤発進抑制機能)」を、「前席用i-サイドエアバッグシステム」「サイドカーテンエアバッグシステム」とあわせて、「あんしんパッケージ」としてメーカーオプション設定しています。

どんな人におすすめ?

ウェイクはレジャー目的を強く打ち出している車ですから、趣味性を大切にする独身orカップルにお勧めです。

一方でN-BOXは、ホンダが「子供のいるママの意見を一番に作ったクルマ」だけあって、誰にでも受け入れられる高いユーザビリティを備えています。独身男性層はもちろん、小さな子供がいる家庭までお勧めできます。

>>カーセンサーでウェイク・N-BOXを探す

今乗っている車を高く売るなら一括査定がお勧め

ディーラーに下取りに出したらビックリするほど安かった・・・。こんな経験はありませんか?査定額の低さに疑問を持った時はネットの中古車査定サービスを使ってみることをお勧めします。

私がカローラフィールダーの査定依頼をしてみたら、下取り査定額と買取り査定額の差が35万3千円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイド

保険料を徹底的に安くするなら

自動車保険の更新を機に見直しを考える人は多いでしょう。

保険料は保険会社によって異なりますから保険料を安くするためには見積もりを比較してみるのが一番です。

保険の窓口インズウェブでは最大20社の一括見積もりが受けられ、申込にかかる時間も5分程度です。

自動車保険一括見積もり

Sponsored Link

Sponsored Link