ミドルサイズのミニバンは「ステップワゴン」「ヴォクシー&ノア」「セレナ」の3車種が上位を独占しています。高い実用性で人気を集めただけに、常にライバル車との開発競争に挑んできました

今回はそんな厳しい競争を展開しているステップワゴンとセレナを比較します。

ステップワゴンとセレナのスペックチェック

現行のステップワゴンは2015年4月に発売された5代目、現行セレナは2010年11月に発売された4代目です。

ステップワゴン 概要・スペック

stepwgn

全長:4690mm
全幅:1695mm
全高:1,840mm

室内長:3220mm
室内幅:1500mm
室内高:1425mm

車重:1650kg
JC08モード燃費:15~17km/L
ホイールベース:2,890mm
最小回転半径:5.4m

→ステップワゴンの中古車を探す

セレナ概要・スペック

SERENA

全長:4685mm
全幅:1695mm
全高:1,865mm

室内長:3060mm
室内幅:1480mm
室内高:1380mm

車重:1,600kg
JC08モード燃費:12~16km/L
ホイールベース:2,860mmmm
最小回転半径:5.5m(15インチタイヤ装着)、5.7mm(16インチ)

→セレナの中古車を探す

ステップワゴンの小回りの良さがポイント

どちらも全長と全幅は5ナンバーの限界に近いサイズです。特筆すべきは、ステップワゴンはホイールベースが長いのに小回りが利く点です。

ステップワゴンの最小回転半径が5.4mなのに対し、セレナは15インチタイヤ装着でも5.5mです。

Sponsored Link

インテリアを比較

セレナ室内
セレナ室内
stepwgn-interior
ステップワゴン室内

違いは2列目シート。セレナはベンチシートですが、ステップワゴンはセパレートタイプです。先代ステップワゴンはベンチシートで、現行モデルもオプション設定でベンチにすることができます。

3列目シートは好みが分かれるところです。ステップワゴンが少し硬めな印象ですが、セレナは少し厚めでクッション性が高いような感じがあります。足元の広さはどちらも十分に確保されているため、窮屈することはないでしょう。

積載性について

stepwgn-interior2

ステップワゴンは3列目シートを左右独立して床下に格納することができますが、2列目を畳む機能がありません。

シートアレンジのバリエーションはセレナの方が多彩です。2列目シート中央を移動させることができるため、14通りのシートアレンジが選べます。

乗降性はステップワゴンが有利

乗り降りのしやすさでは低床設計のステップワゴンが一歩リード。スライドドア部分の床面地上高は、ステップワゴンが390mm~に対し、セレナは450mm~です。床の高いセレナはサイドステップを備えています。

現行のステップワゴンに備えられた、縦開き式のリアゲートに横開きのサブドアを組み合わせた「わくわくゲート」は、3列目シートの乗降性をアップさせています。

ステップワゴンは左側の電動スライドドアが標準装備されています。

おわりに

どちらもメーカーが力を入れて開発している車種ですが、同じ値段であれば4年後発のステップワゴンの方が割安感があります。

ステップワゴンの方が燃費も良く小回りが利き、「わくわくゲート」のお蔭で乗降性や積載性に優れています。

とはいえ、セレナも2010年のフルモデルチェンジで大きく進化した経緯があり、とても高い完成度を誇るモデルです。セレナを購入する際は、ステップワゴンを引き合いに出して値引き交渉したいですね。

→セレナ・ステップワゴンの中古車を探す

今乗っている車を高く売るなら一括査定がお勧め

ディーラーに下取りに出したらビックリするほど安かった・・・。こんな経験はありませんか?査定額の低さに疑問を持った時はネットの中古車査定サービスを使ってみることをお勧めします。

私がカローラフィールダーの査定依頼をしてみたら、下取り査定額と買取り査定額の差が35万3千円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイド

保険料を徹底的に安くするなら

自動車保険の更新を機に見直しを考える人は多いでしょう。

保険料は保険会社によって異なりますから保険料を安くするためには見積もりを比較してみるのが一番です。

保険の窓口インズウェブでは最大20社の一括見積もりが受けられ、申込にかかる時間も5分程度です。

自動車保険一括見積もり

Sponsored Link

Sponsored Link