燃費が良くアウトドアも行けるミドルクラスSUVの三菱アウトランダーと日産エクストレイルを比較します。

アウトランダーはこんなクルマ

outlander_phev

2005年に初代が発売されたアウトランダー。現行モデルは2012年に発売された2代目です。

プラグインハイブリッドEVシステムを搭載したアウトランダーPHEVは、日本では2車種目の量産型プラグインハイブリッド車です。最先端の環境技術を詰め込み、三菱を代表する人気モデルとなりました。

2015年のマイナーチェンジでは、三菱のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を基にフロントデザインを刷新しました。

→アウトランダーの中古車を探す

エクストレイルはこんなクルマ

X-TRAIL

2000年から販売されている日産のSUV。

エクストレイルの特徴は、初代から引き継いだ防水仕様のシートとフロアです。ラゲッジも防水となっているため、アウトドアではとても助かる装備となっています。また、このクラスのSUVとしては珍しく7人乗車が可能な3列シート仕様が設定されています。

2013年に発売された現行の3代目では外観が大きく変わりました。従来モデルでは角ばったオフロードSUV風でしたが、3代目では丸みを帯びた都会的な印象が強くなりました。このデザイン変更は賛否両論で、従来モデルに乗っていた方々から否定的な意見を多く見かけます。

→エクストレイルの中古車を探す

Sponsored Link

アウトランダーとエクストレイルのスペックを比較

アウトランダー エクストレイル
全長 4,655mm 4,640mm
全幅 1,810mm 1,820mm
全高 1,680mm 1,715mm
車両重量 1,480kg-1,570kg
1820-1880kg(PHEV)
1,440kg(2列5人乗り)
1,510kg(3列7人乗り)
1650kg(ハイブリッド・プレミア)
最低地上高 215mm 205mm
室内長 2,580mm 2,555mm
室内幅 1,495mm 1,535mm
室内高 1,265mm 1,270mm
最小回転半径 5.3m 5.6m
ホイールベース 2,670mm 2,705mm

小回りが利くアウトランダーと直進安定性の高いエクストレイル

競合車らしくボディサイズに大きな違いはありませんが、ホイールベースと最小回転半径に大きな違いがありますね。

全長はアウトランダーの方が15mm長いものの、ホイールベースはエクストレイルの方が35mmも長くなっています。最小回転半径はエクストレイルが5.6mに対し、アウトランダーは5.3mです。

小回りの良さではアウトランダーが勝りますが、エクストレイルは長いホイールベースによる直進安定性に優れています。

アウトランダーとエクストレイルの燃費の違い

アウトランダーのJC08燃費は14.4km/L、アウトランダーPHEVは18.6kmkm/L(ハイブリッド走行時)です。アウトランダーPHEVはEV走行でも60.2km走ることができるため、総合燃費では50km/Lを超えます。

一方、エクストレイルは5人乗りのガソリン車が16.0km/L、7人乗りのガソリン車が15.6km/L。ハイブリッドは20.0km/Lです。

おわりに

パジェロやRVRなどのSUVに力を入れてきた三菱のアウトランダーと、ムラーノに代わり日産を代表するSUVとなったエクストレイル。

遠出してアウトドアへ遊びに行くならエクストレイルが、街乗りメインであれば小回りが利くアウトランダーがオススメです。

→アウトランダー・エクストレイルの中古車を探す

今乗っている車を高く売るなら一括査定がお勧め

ディーラーに下取りに出したらビックリするほど安かった・・・。こんな経験はありませんか?査定額の低さに疑問を持った時はネットの中古車査定サービスを使ってみることをお勧めします。

私がカローラフィールダーの査定依頼をしてみたら、下取り査定額と買取り査定額の差が35万3千円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイド

保険料を徹底的に安くするなら

自動車保険の更新を機に見直しを考える人は多いでしょう。

保険料は保険会社によって異なりますから保険料を安くするためには見積もりを比較してみるのが一番です。

保険の窓口インズウェブでは最大20社の一括見積もりが受けられ、申込にかかる時間も5分程度です。

自動車保険一括見積もり

Sponsored Link

Sponsored Link