マジック・スカイコントロール

屋根の色が変わって明るさをコントロール

スイッチ一つでガラスルーフの透明度を変えることができるマジックスカイコントロール。現行の3代目SLKのオプションとして登場し、
新型SLにも搭載されました。メルセデスで人気オプションの一つです。

屋根を閉めている時でも車内を明るくできる、他メーカーでは採用されていない(2016年現在)画期的な仕組みです。

Sponsored Link

マジック・スカイコントロールの仕組み

magic-sky-control2

ガラスに挟み込んだクリスタルに電圧を加えると、ガラス構造の内部の粒子の配置が換わり、ガラスが光を通すようになります。これにより、紫外線や赤外線をしっかりカットするというものです。

通電しない場合は暗色となります。粒子がランダムな配置となって外からの光をさえぎるからです。

メルセデスベンツがマジック・スカイコントロールの機能を説明した動画をYouTubeで公開しています。濃紺から瞬時にクリアに変化する様子はまさしく魔法のガラスですね。

デスバレーでテストされたクリアモードとダークモード

magic-sky-control1

マジック・スカイコントロールは2つのモードがあります。

寒いときや雨でもオープンエア感覚が愉しめるクリアモードと、室内の温度上昇を抑えて快適に保つダークモードです。

通常時は透明な状態で、夏場など太陽が気になる時にはダークを選択することで熱線を80%カットすることができます。その時の室温は10℃も下がるそうです。

そんなマジックスカイコントロール、最高気温が50℃を超えるアメリカ・カリフォルニア州のデスバレーでテストされました。
車外の日射量はオープン時で1m2当り1,000~1,100Wだったのが、クリアモードにしたときは200Wに下がり、ダークモードでは40~50W。車外日射量の20分の1になったそうです。

あなたも魔法のガラスを楽しみませんか?

エアコンの負担を軽くする効果もあり、なによりも「楽しい!」と思えるメルセデスらしい画期的な仕組み。あなたも楽しんでみませんか?

→SL・SLKの中古車を探す

今乗っている車を高く売るなら一括査定がお勧め

ディーラーに下取りに出したらビックリするほど安かった・・・。こんな経験はありませんか?査定額の低さに疑問を持った時はネットの中古車査定サービスを使ってみることをお勧めします。

私がカローラフィールダーの査定依頼をしてみたら、下取り査定額と買取り査定額の差が35万3千円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイド

保険料を徹底的に安くするなら

自動車保険の更新を機に見直しを考える人は多いでしょう。

保険料は保険会社によって異なりますから保険料を安くするためには見積もりを比較してみるのが一番です。

保険の窓口インズウェブでは最大20社の一括見積もりが受けられ、申込にかかる時間も5分程度です。

自動車保険一括見積もり

Sponsored Link

Sponsored Link