人気のミドルクラスSUV、フォレスター&エクストレイル。

2.0Lクラスの定番SUVであるスバルのフォレスターと日産のエクストレイル。あなたの用途ではどちらを買ったら良いのでしょうか。競合するこの2つを比較してみました。

車体の大きさの違い

フォレスターのサイズ

forester

4代目フォレスター(2012年~)
全長:4,595mm
全幅:1,795mm
全高:1,695mm

室内長:2,095mm
室内幅:1,540mm
室内高:1,280mm

3代目フォレスター(2007年12月 – 2010年10月)

全長:4,560mm
全幅:1,780mm
全高:1,675mm

→フォレスターの中古車を探す

エクストレイルのボディサイズ

x-trail

3代目X-TRAIL (2013年~)
全長:4,640mm
全幅:1,820mm
全高:1,715mm

室内長:2,005mm(2列シート) 2,555mm(3列シート)
室内幅:1,535mm
室内高:1,270mm

2代目X-TRAIL(2007年~)

全長:4,635mm
全幅:1,790mm
全高:1,700mm

室内長:2,000mm
室内幅:1,450mm
室内高:1,265mm

→エクストレイルの中古車を探す

どちらもモデルチェンジで一回り大きくなった経緯がありますが、同年代で比べるとフォレスターよりもエクストレイルが若干大きい傾向があります。

Sponsored Link

燃費の違い

フォレスター:JC08モード15.2km/L(2.0i-S EyeSight)
エクストレイル:JC08モード16.0km/L(20X EBP)

同じような性能のグレードで比較してみると燃費の差はほぼないといってよいですね。
フォレスターの2.0i-S EyeSightは272万円、エクストレイルの20X エクストリーマーX エマージェンシーブレーキパッケージは274万円です。

小回りが利くのはフォレスター

最小回転半径はフォレスターが5.3mなのに対し、エクストレイルは5.6mです。

この違いはホイールベース(前輪軸と後輪軸との距離)の長さが関係しているでしょう。ホイールベースはフォレスターが2,640mm、エクストレイルが2,705mmです。エクストレイルは小回りを犠牲にした代わりに、直進安定性に優れています。

乗車人数の違い

フォレスターは全てのグレードで5人乗りですが、エクストレイルはほぼすべてのグレードに5人と7人乗りを設定しています。この若干の大きさの違いが乗車人数にも現れているのでしょう。

エクストレイルの3列目シートはとても狭いため、大人が座るのであれば非常用と考えた方がよいです。

積載性や荷室容量の違い

フォレスターの積載性

forester-luggage

フォレスターのラゲッジルームの容量は505L、電動テールゲート仕様では488Lとなります。

荷室の床部のトレーが発泡スチロール製のために、水洗いをすることができます。

エクストレイルの積載性

xtrail-luggage

エクストレイルのラゲッジルーム容量は550L。荷室入口の高さは94cmのため、大きなものでも楽に積むことができます。

エクストレイルは室内フロアを水洗いできる「ウォッシャブルラゲッジ」を備えています。その名のとおり、エクストレイルも室内を水洗いできるのです。

また、シート自体にも撥水加工を施しているため、濡れた状態のままシートに座っても、簡単に水や汚れを拭き取れるようになっています。

車体の大きいエクストレイルの方が荷室容量も大きいですね。
アウトドアで使うのであれば、室内を丸洗いできるエクストレイルの方が重宝するでしょう。

安全装備

フォレスターには『アイサイト』、エクストレイルには『エマージェンシーブレーキ』という自動ブレーキが搭載されています。ほぼ同程度の機能ですが、フォレスターには自動追従システムが付いているという点でリードしているでしょうか。

エクストレイルには手動のクルーズコントロールはあるものの、自動追従機能ありません。

フォレスターとエクストレイル、どっちがおすすめ?

車両価格も燃費もほぼ変わらないフォレスターとエクストレイル。荷室容量では若干エクストレイルが勝るものの、どちらにも大きな違いはないでしょう。

街乗りメインであれば、車体が小さく小回りの利くフォレスターがオススメです。

アウトドアをメインに考えるのであれば、防水シート・防水ラゲッジのエクストレイルの方が思いきり遊べるでしょう。

→フォレスター・エクストレイルの中古車を探す

今乗っている車を高く売るなら一括査定がお勧め

ディーラーに下取りに出したらビックリするほど安かった・・・。こんな経験はありませんか?査定額の低さに疑問を持った時はネットの中古車査定サービスを使ってみることをお勧めします。

私がカローラフィールダーの査定依頼をしてみたら、下取り査定額と買取り査定額の差が35万3千円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイド

保険料を徹底的に安くするなら

自動車保険の更新を機に見直しを考える人は多いでしょう。

保険料は保険会社によって異なりますから保険料を安くするためには見積もりを比較してみるのが一番です。

保険の窓口インズウェブでは最大20社の一括見積もりが受けられ、申込にかかる時間も5分程度です。

自動車保険一括見積もり

Sponsored Link

Sponsored Link