飲酒運転の種類は2種類

飲酒運転と一言に言っても、2つの種類に分けられます。「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」です。

酒酔い運転とは

「酒酔い運転」は運転が難しいと判断された状態で、飲んだお酒の量は関係ありません。
ドライバーの挙動を見て「アルコール等の影響により正常な運転が困難な状態にある」と判断されたら酒酔い運転です。

酒気帯び運転とは

「酒気帯び運転」は呼気1リットル中に0,15mg以上のアルコール濃度が含まれている状態です。

「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」の罰則の違い

2007年に飲酒運転に関する道路交通法施行例の一部が改正され、飲酒運転の罰則が重くなりました。

酒酔い運転の罰則

行政責任は違反点数は35点となり、運転免許は取り消しとなり、免許証もその場で取り上げられます。最低でも3年間、最長で10年の間は免許を取得できなくなります。
刑事責任は5年以下の懲役又は100万円以下の罰金です。

酒気帯び運転の罰則

0,15mg以上~0,25mg未満の場合・・・行政責任は違反点数は13点。90日間の免許停止となります。刑事責任は3年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。

0,25mg以上の場合・・・行政処分は違反点数は25点になり、2年間の免許停止となります。刑事責任は0,25mg未満の場合と同様に、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。

飲酒検知を拒否した場合

飲酒検知を拒否した場合にも罰則が規定されています。刑事責任は3ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金です。

飲酒運転+交通事故の場合

飲酒運転は重大事故に直結する悪質な犯罪です。自分の人生が狂ってしまうだけなら良いですが、被害者の人生を終わらせてしまうことにもなります。

アルコールの影響で正常な運転が困難になり重大な事故を起こせば「危険運転致死傷罪」の罪になります。その場合は最長で懲役20年の刑となります。

お酒を飲んだら絶対にクルマを運転してはいけません

お酒を飲んでいて記憶がない。気づいたら警察署にいた。」という最悪な状況は誰にでも起こり得るのです。

今乗っている車を高く売るなら一括査定がお勧め

ディーラーに下取りに出したらビックリするほど安かった・・・。こんな経験はありませんか?査定額の低さに疑問を持った時はネットの中古車査定サービスを使ってみることをお勧めします。

私がカローラフィールダーの査定依頼をしてみたら、下取り査定額と買取り査定額の差が35万3千円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイド

保険料を徹底的に安くするなら

自動車保険の更新を機に見直しを考える人は多いでしょう。

保険料は保険会社によって異なりますから保険料を安くするためには見積もりを比較してみるのが一番です。

保険の窓口インズウェブでは最大20社の一括見積もりが受けられ、申込にかかる時間も5分程度です。

自動車保険一括見積もり

Sponsored Link

Sponsored Link