20160128110451_793_

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2016年1月27日、「キャデラックCTS-V」の販売を開始しました。

キャデラックのミドルクラスセダン「CTS」をベースにしたスポーツセダン。

ボディー剛性を向上させ、レートの高いスプリングや硬めのスタビライザーを採用するなどして足まわりも強化されています。

最高出力は649ps(477kW)/6400rpm、最大トルクは87.2kgm(855Nm)/3600rpm。0-60mph(約96.6km/h)が3.7秒という驚異的な加速を誇ります。

20160128110501_623_

20160128110505_919_

以下、リリースより。

■新型「キャデラックVシリーズ」
 キャデラックVシリーズは、初代が米国で2004年に市場導入され、2009年に第2世代目から日本市場に導入されています。

 Vシリーズは、俊敏な運動性能と快適で洗練されたドライビング体験を提供するキャデラック・ラグジュアリー・セダンをベースに、キャデラック・レーシング直系の最先端テクノロジーで、高次元の 走行性能を追求した究極のスーパー・スポーツセダンです。

 真のサーキット仕様のパフォーマンスと高品位なラグジュアリーさを兼ね備え、かつ、キャデラック・ブランドの特徴であるデザイン性と最先端のテクノロジーの頂点を極めたモデルです。

 第3世代目のミッドサイズのスーパー・スポーツセダン新型「キャデラックCTS-V」は、6.2リッターV8エンジンが誇る最高出力649PS(477Kw)/6,400rpm、最大トルク855N・m(87.2kg・m)/3,600rpm(北米測定値)のスーパー・ハイパフォーマンスとアメリカン・ラグジュアリーが融合したモデルです。0-60mph(約96.6km/h)加速は、3.7秒の驚異的なパワーを誇ります。

 この度、一新された新型「キャデラックCTS-V」は、洗練されたラグジュアリーセダンとサーキット走行能力を兼ね備えたスーパー・ハイパフォーマンス・スポーツセダンで、1台で2台分の要素を兼ね備えています。また、「キャデラックCTS-V」には新たに、スーパーチャージド6.2リッター V型8気筒OHVエンジンを搭載し、パドルシフト8速オートマチック・トランスミッションを装備しています。さらに、ローンチコントロールとパフォーマンス・アルゴリズム・シフティングを搭載しています。

■パワーアップしたスーパーチャージドV8エンジン
 新型「キャデラックCTS-V」の性能の裏に秘められたパワーは、この度、一新され、パワーアップした6.2リッタースーパーチャージャー付V8エンジンです。以前のキャデラックのスーパーチャージャーエンジンよりも効率よく、より多くのパワーを生み出します。より高効率で、よりコンパクトな1.7リッタースーパーチャージャーを採用し、直接噴射とアクティブフューエルマネジメント(気筒休止)を組み合わせています。

 スーパーチャージャーのローターは、以前のローターよりも、直径が小さくなっているため、最高回転数が上がり、低回転域からパワーを強化するブーストを発生させることが可能になりました。このブーストは、乱流の少ない、よりダイレクトな吐出口により、効率よく達成され、熱を低減するとともに、エンジンへの吸気を速めます。

 また、キャデラックのスーパーチャージャー・エンジンには、その高い出力と過給機によって生み出される高いシリンダー内圧をサポートするために設計された独自の特長があります。例えば、Rotocast A356T6アルミニウム製シリンダーヘッドは、従来のアルミニウム製ヘッドよりも強度が増し、熱処理が向上しています。また、軽量なチタン製吸気バルブも特長の一つです。

 キャデラックCTS-Vの8速オートマチックは、ワールドクラスのシフトレスポンスを実現するためのチューニングが施されています。ギア間のステップを小さくすることで、エンジンを最適な回転数に維持し、スーパーチャージャー・エンジンの出力が爽快なパフォーマンスと効率的に最大限に活かされるように設定しています。

 8L90型トランスミッションは、ステアリングホイール・パドルにより、フルマニュアル・コントロールを提供します。また、パフォーマンス・アルゴリズム・シフティングは、多くのラグジュアリー・パフォーマンス・セダンに採用されているデュアルクラッチ/セミ・オートマチック・トランスミッションに匹敵するシフトパフォーマンスを実現しながら、なめらかさと洗練度はトルクコンバータを備えた従来型オートマチックのままです。

 「キャデラックCTS-V」は、サーキット走行で鍛え上げられたデザイン、シャーシ、サスペンションといった要素が、スーパーチャージドパワートレインを引き立たせ、キャデラック CTS-Vの性能、パフォーマンス、ドライバーコントロールを新しい領域にまで高め、改造や特別なチューニングなしに、サーキット走行を可能にしています。

 ・Brembo社製の高性能ブレーキシステムは、サーキット走行での高い耐久性、不変性、高い性能をもたらすために開発
 ・第3世代のマグネティック・ライドコントロール(磁性流体減衰力制御システム)は、ダンピング レスポンスが40%向上
 ・統合されたシャーシ制御技術により、ツーリングとサーキット走行でのバランスの取れたパフォーマンスを提供。サーキット走行を目的に開発されたパフォーマンス・トラクション・マネジメントもその一つ
 ・ドライバーモード・セレクターにより、ツアー、スポーツ、トラック(サーキット走行)、スノー/アイスといった走行条件に合わせて関連するファクターをコントロール
 ・ミシュラン・パイロット・スーパー・スポーツ・タイヤは、マルチコンパウンドトレッド構造により、スポーツ走行時に優れたグリップ力を発揮するとともに優れた乗り心地と高い耐摩耗性を有する
 ・インテリアは、パフォーマンス志向のスウェーデッド・マイクロファイバー・アクセントに、マット仕上げのカーボンファイバートリムを加え、よりアグレッシブなドライビング志向のお客様には、オプションでRecaroパフォーマンスシートを用意
 ・最先端の安全技術とパーキングテクノロジーを搭載。フロントカーブビュー・カメラシステムは、縁石の視覚的情報により、フロントスプリッターを保護。オートマチック・パーキングアシストは、縦列、並列のパーキングスポットを見つけ、そのスポットへの操縦をアシスト。その他、サイド・ブラインドゾーン・アラート、フォーワード・コリジョン・アラート(前方衝突事前警告機能)、レーンキープ・アシスト(車線内走行アシスト)、リア・クロス・トラフィック・アラート(後退時安全確認警告機能)を搭載

■サーキット走行で鍛え上げられたシャーシとサスペンション
 ホイールは、先代キャデラック CTS-Vのものよりも45%剛性が向上しています。また、ミシュランタイヤは、マルチ・コンパウンドトレッドを特長とし、スポーツ走行時に優れたグリップ力を実現するとともに、優れた乗り心地と高い耐摩耗性を有しています。
 さらに、キャデラック CTS-Vには以下の特徴があります:

 ・改良されたマルチリンク・ダブルピボット・マクファーソンストラット・フロントサスペンションは、レスポンスを高め、横方向のコントロール性を向上。“ハイドロ”ブッシュを一体化し、従来のゴムブッシュに代わり、ゼロコンプライアンス・クロスアクシス ・ボールジョイント、高いバネレートのスプリング、バネレートの高いスタビライザーバーを採用し、ロール剛性を20%高める
 ・ZFステアリングシステム社のサーボトロニックII可変アシスト量制御電動パワーステアリングは、システム剛性を14%高めることにより、ステアリング精度を向上させ、ドライバーへのフィードバックを高める
 ・キャデラック5リンク・リア・サスペンションは、ロールセンターの移動を低減、横方向のコントロール性の強化、効果的なアンチスクォト・ジオメトリーを特長とし、より高度なボディモーションコントロール性向上により、フロントサスペンションをサポート。剛性を高めたブッシング、新しいサスペンションサブフレーム、高いバネレートのスプリング、剛性を高めたスタビライザーバーといったコンポーネントがそれに貢献
 ・標準装備のエレクトロニック・リミテッド・スリップ・ディファレンシャルが最適なトラクションをサポートし、コーナー出口を最速で脱出が可能
 ・プロペラシャフトを大きくし、ハーフシャフトの非対称性を高めた(ドライバー側のシャフトの剛性を高めた)ことにより、加速中のパワーホップを緩和
 ・Brembo社製ハイ・パフォーマンス・ブレーキシステムは、サーキット走行での高い耐久性、不変性、高い性能を提供。このブレーキシステムは、オフセットして配置された6つのピストンキャリパーを備えた2ピースの大径化したフロントローターと、4ピストンキャリパーを備えたリアローターで構成

 また、「キャデラック CTS-V」は、第3世代のマグネティックライドコントロールとパフォーマンストラクションマネジメントを搭載しています。ツアー、スポーツ、トラック(サーキット走行)、スノー/アイスの4つのドライバーモード・コントロールにより、関連するファクターをコントロールし、ドライビング状況に合わせて最適化を行います。パフォーマンス・トラクション・マネジメントは、トラック(サーキット)モード時に機能し、サーキット走行用にトルク制御とブレーキ介入の制御などにより、5つの設定が可能です。

 マグネティック・ライドコントロールは、1,000分の1秒単位で路面状態を読み取り、磁性流体で満たされたダンパーにデータを送ります。4つのダンパー全てのダンピング特性を個別に制御することが可能です。第3世代の改良により、ダンピングレスポンスが40%速くなりました。第3世代のマグネティック・ライドコントロール・システムは、時速60mphで路面1インチ毎に最適なダンピングフォースを計算します。

■パフォーマンスにフォーカスしたキャビン
 「キャデラック CTS-V」の性能は、インテリアにも反映されており、デザインとキーコンポーネントの関係はパフォーマンスドライビングにおける人間工学を考慮し、デザインされています。

 「キャデラックCTS-V」の12.3インチのインストルメントパネル・クラスターディスプレイには、Vシリーズ独自のグラフィックと特徴的な計器類、そして、それを補完するのはフルカラーの設定変更可能なヘッドアップディスプレイを搭載しています。また、Apple CarPlayにも対応したキャデラック最新のコネクティビティ技術も搭載しています:

 ・Bluetooth コネクティビティ・システムを搭載したCUE(キャデラック・ユーザー・エクスペリエンス)
 ・Boseサラウンド・サウンド・システムを搭載したオーディオシステム

■構造強化によりボディモーションコントロールを向上
 キャデラックCTSの構造は、高度な重量バランスの最適化が行われ、高い性能要件を満たすよう設計されています。

 キャデラックVシリーズ独自のアップグレード・アイテムは、以下の通りです

 ・ストラット・タワー・トゥ・タワー・ブレース
 ・ストラット・タワー・トゥ・プレナム・ブレース
 ・エンジン・コンパートメントのためのVブレース
 ・強化されたロッカー・バルクヘッド
 ・より強いリア・クレードル・トゥ・ロッカー・ブレース
 ・シャーシ前面に専用のアルミニウム製シアパネル
 ・アッパー・タイ・バー・トゥ・バンパー・ブレース

 以上のアップグレードにより、通常モデルに比べ、ボディ剛性が20%向上し、より正確なハンドリングとステアリングを実現しました。さらに、比類のない剛性強化により、信頼感が増しています。

■機能的なフォルム
 新型「キャデラックCTS-V」のエクステリア・パネルは、ほぼ全てが専用のものです。フェイシアからフェンダー、ボンネット、リアスポイラー、ロッカーモールディングに至るまで、一つ一つがクルマの性能向上をサポートし、揚力低減、冷却向上に貢献するようデザインされました。

 専用のアイテムは次の通りです:

 ・軽量カーボンファイバー製エンジンフードに、内部空気を逃がすためのベントを設置。エンジンコンパートメントの熱気を外に逃がし、ラジエータを通過した空気が車体の下からではなく、車体の上を通って抜けるようにすることにより、高速走行時の揚力低減をサポート
 ・専用のフロントフェイシアおよびリアフェイシアは、最適な空力性能を提供します。フロントフェイシアは、グリル開口部が大きくなり、スーパーチャージド・エンジンに、より多くの空気を給気。トレードマークとなっているグリル開口部のメッシュパターンも大きくなり、より多くの空気をラジエータとマルチプル熱交換器に供給
 ・フロントスプリッターは、空気が車体の床下を流れて揚力を生じさせることなく、車体の前面をダウンフォースで下に押し下げることによって、ハンドリングを向上
 ・幅広19インチホイールとミシュラン・パイロット・スーパー・スポーツ・タイヤを収めるため、フェンダーを拡大
 ・ロッカーモールディングとリアスポイラーは、空力を最適化
 ・鍛造アルミホイールとBrembo社製ブレーキキャリパーを用意

 カーボンファイバーエアロパッケージは、空力性能と質量最適化をさらに高いレベルに高めています。カーボンファイバーエアロパッケージには、コンポジットロッカーエクステンション、より高くなったボディカラードリアスポイラーとともに、よりアグレッシブなフロントスプリッター、フードベントトリム、リアディフューザーが含まれています。

<メーカー希望小売価格(8%消費税込)>
 ・キャデラックCTS-Vセダン(Spec-A):13,300,000円
 ・キャデラックCTS-Vセダン(Spec-B):14,700,000円
  ・オプション:有償ペイント:129,000円

<Spec-A専用装備>
 ・フロントスプリッター/ロッカーパネル/リアスポイラー(全てノンカーボン)
 ・フロントバケット20ウェイパフォーマンスシート(セミアニリンレザー/スウェーデッドマイクロファイバーインサート&シートバック/4ウェイアジャスタブルヘッドレスト/フロントベンチレーション)
 ・19インチプレミアムペインテッドフィニッシュ鍛造アルミホイール

<Spec-B専用装備>
 ・カーボンファイバーエアロパッケージ(カーボンファイバー:フードベント、フロントスプリッター/リアスポイラー/リアディフューザー)
 ・Recaro16ウェイパフォーマンスシート(本革/スウェーデッドマイクロファイバーインサート&シートバック)
 ・19インチプレミアムペインテッドフィニッシュ鍛造アルミホイール

<ボディカラー(インテリアカラー)>
 ・セーブルブラック(ジェットブラック/サフランアクセント)
 ・ステラー・ブラック・メタリック(ジェットブラック/サフランアクセント)
  ・受注発注

 ・クリスタルホワイト・トゥリコート(ジェットブラック/ジェットブラックアクセント)
  ・有償ペイント

 ・ラジアント・シルバー・メタリック(ジェットブラック/ジェットブラックアクセント)
  ・受注発注

 ・レッド・オブセッション・ティンコート(ジェットブラック/ジェットブラックアクセント)
  ・受注発注

 ・ファントムグレー・メタリック(ライトプラチナム/ジェットブラックアクセント)
  ・受注発注

■新型「キャデラック CTS-V」主要諸元(国土交通省届出値)

 ・寸法・重量
  ・全長:5,040mm
  ・全幅:1,870mm
  ・全高:1,465mm
  ・ホイールベース:2,910mm
  ・車両重量:1,910kg
  ・乗車定員:5名

 ・エンジン
  ・エンジン形式:6.2リッターV型8気筒OHVスーパーチャージド
  ・総排気量:6,156cc
  ・最高出力:649PS(477Kw)/6,400rpm(ECE)
  ・最大トルク:855N・m(87.2kg・m)/3,600rpm(ECE)
  ・燃料供給装置:電子式燃料噴射(筒内直接噴射)
  ・使用燃料(ガソリン):無鉛プレミアム
  ・燃料タンク容量:72リッター
  ・ハンドル位置:左

 ・走行・動力伝達装置
  ・駆動方式:後輪駆動
  ・トランスミッション:8速AT
  ・クラッチ形式:トルクコンバーター
  ・変速機歯車形式:プラネタリーギア
  ・変速比:
   ・第1速:4.560
   ・第2速:2.971
   ・第3速:2.075
   ・第4速:1.688
   ・第5速:1.270
   ・第6速:1.000
   ・第7速:0.845
   ・第8速:0.652
   ・後退:3.818

 ・最終減速比:2.850
 ・ステアリング形式:ラック&ピニオン式
 ・サスペンション(前):マクファーソンストラット式
 ・サスペンション(後):マルチリンク式
 ・ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク
 ・ブレーキ倍力装置:真空倍力式
 ・駐車ブレーキ:機械式後2輪制動
 ・タイヤサイズ(フロント):265/35ZR19(98Y)
 ・タイヤサイズ(リア):295/30ZR19(100Y)

今乗っている車を高く売るなら一括査定がお勧め

ディーラーに下取りに出したらビックリするほど安かった・・・。こんな経験はありませんか?査定額の低さに疑問を持った時はネットの中古車査定サービスを使ってみることをお勧めします。

私がカローラフィールダーの査定依頼をしてみたら、下取り査定額と買取り査定額の差が35万3千円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイド

保険料を徹底的に安くするなら

自動車保険の更新を機に見直しを考える人は多いでしょう。

保険料は保険会社によって異なりますから保険料を安くするためには見積もりを比較してみるのが一番です。

保険の窓口インズウェブでは最大20社の一括見積もりが受けられ、申込にかかる時間も5分程度です。

自動車保険一括見積もり

Sponsored Link

Sponsored Link