世界的に流行しているコンパクトSUVというジャンルにトヨタがC-HRで参入しました。

この記事では、ハイブリッドエンジンを搭載したBセグメントであり、直接のライバルとなるヴェゼルと比較してみたいと思います。

Sponsored Link

主要スペック比較

C-HR
トヨタ・C-HR
ヴェゼル
ホンダ・ヴェゼル
全長×全幅×全高 4,630×1,795×1,550mm 4,290×1,770×1,605mm
室内長×室内幅×室内高 1,800×1,455×1,210mm 1,930×1,485×1,265mm
ホイールベース 2,640mm 2,610mm
最低地上高 140mm 170-185mm
最小回転半径 5.2m 5.3m
車両重量 1,440kg 1,270kg
乗車定員 5名 5名
JC08モード燃費 ハイブリッド(2WD):30.2km/L
1.2Lのガソリンターボ(4WD):15.2km/L
ハイブリッド(2WD):24.2~27km/L
1.5Lのガソリン(4WD):19km/L
新車価格 2,516,400円~2,933,280円 1,920,000円~2,770,000円

Sponsored Link

燃費・経済性について

ヴェゼルのハイブリッド2WDは24.2~27km/L。1.5Lのガソリン4WDは19km/Lです。

C-HRのJC08モード燃費はハイブリッド(2WDのみ)が30.2km/L、1.2Lのガソリンターボ(4WD)が15.2km/Lです。

C-HRの1.2LターボであるS-T(4WD)は251万6400円、ヴェゼルのノーマルはX・Honda SENSING(4WD)は233万6000円。

装備の違いはありますが、ガソリン車ならヴェゼルの方が経済性が高いです。ハイブリッドに関してはC-HRの方が燃費に優れますが、車両価格を考えると同等かヴェゼルの方が良いでしょう。

ハイブリッド4WDを選択できるのはヴェゼル

C-HRはハイブリッドなら2WD、1.2Lのガソリン車は4WDと区別されています。

ヴェゼルはハイブリッドとノーマルエンジンの両方に2WD(前輪駆動)と4WDを用意しています。

安全装備について

C-HRはToyota Safety Sense P(トヨタセーフティセンスP)を全車に標準装着、ヴェゼルはHonda SENSING(ホンダセンシング)をグレード別に標準かオプションで用意しています。どちらもミリ波レーダーと単眼カメラで、歩行者まで検知する衝突軽減ブレーキを備えています。

ヴェゼルにあってC-HRにないものとしては、ハンドル操作を支援して回避操作を助ける歩行者事故低減ステアリングや、制限速度などの道路標識をディスプレイに表示する標識認識機能があります。

C-HRの安全機能(Toyota Safety Sense P)

・プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
・レーンディパーチャーアラート(車線逸脱の可能性をドライバーにお知らせ)
・オートマチックハイビーム(夜間の歩行者の早期発見)
・レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

ヴェゼルの安全機能(Honda SENSING)

・衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉
・歩行者事故低減ステアリング
・ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉
・LKAS〈車線維持支援システム〉
・路外逸脱抑制機能
・誤発進抑制機能
・リアクティブフォースペダル装備車(ハイブリッド車)
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能

C-HRのメリット・デメリットについて

最小回転半径はC-HRが5.2m、ヴェゼルも5.3m(RSのみ5.5m)なので、C-HRはボディサイズの割に小回り性能が優れています。

また『機械式駐車場に停められる』のもメリットの一つ。機械式駐車場の多くは全高1550mm以下という制限を設けています、SUVはなかなか利用できません。全高1550mmのC-HRハイブリッドなら利用できます。(ガソリン4WDは1565mmです)

C-HRは後部座席が狭いです。室内長が短い2ドアなので後部座席は重視していない印象があります。

コンパクトSUVにありがちなのが『後方視界が悪い』ということ。ヴェゼルも決して良いわけではありませんが、C-HRの後方視界は非常に悪いです。プリウスと同じくらいですね。プリウスに乗ったことのある方なら分かると思いますが、ハッキリ言ってまともに見えません。

オプションでバックカメラは必須です。出来れば試乗する際に縦列駐車してみることをお勧めします。

ヴェゼルのメリット・デメリットについて

ヴェゼルは車体の全長が短いわりに室内が広いというメリットがあります。ミニバンと比べれば劣りますが、BセグメントのSUVとしてはトップクラスの広さです。

特に違うのが後部座席のゆったり感で、大人でも十分にリラックスできます。ファミリーカーとしてはヴェゼルの方が適任でしょう。

C-HRとヴェゼルのどちらがお勧め?

ベースとなるプラットフォームはプリウスと共用しているため『プリウスのSUV版』と言われることもあるC-HRですが、実際はかなり割り切った作りとなっていて万人受けする車ではありません。人気ジャンルに後から参入しただけあって、非常によくできています。

車両重量が1440kgと重いために安定感がありますが、1.2Lのガソリンターボは乗っていて楽しいと思わせる出来になっています。

独身男性なら迷わずC-HRを選んで良いと思います。ただし、2ドアなので後列シートに人を乗せるには向きませんし、足元は少々窮屈です。

ファミリーカーとしては圧倒的にヴェゼルが良いです。内装や乗り心地が良いのはもちろん、4ドアなので後列シートの乗降が楽です(というか、2ドアのC-HRは後列の乗り降りが面倒です)。

>>カーセンサーでC-HR・ヴェゼルの中古車を探す

今乗っている車を高く売るなら一括査定がお勧め

ディーラーに下取りに出したらビックリするほど安かった・・・。こんな経験はありませんか?査定額の低さに疑問を持った時はネットの中古車査定サービスを使ってみることをお勧めします。

私がカローラフィールダーの査定依頼をしてみたら、下取り査定額と買取り査定額の差が35万3千円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイド

保険料を徹底的に安くするなら

自動車保険の更新を機に見直しを考える人は多いでしょう。

保険料は保険会社によって異なりますから保険料を安くするためには見積もりを比較してみるのが一番です。

保険の窓口インズウェブでは最大20社の一括見積もりが受けられ、申込にかかる時間も5分程度です。

自動車保険一括見積もり

Sponsored Link

Sponsored Link