BMWのプレミアムSUVがXシリーズ

世界的なSUVブームの中で後発ながらも高い人気を獲得したBMWのプレミアムSUV。
その中でも特に人気が高いX5とX3を比較してみました。

BMW X5

x5

2000年に発売したBMW初のSUVが”X5″です。

開発時にランドローバー社を買収していたこともあり、BMWはレンジローバーでSUVのノウハウを吸収したと言われています。

BMW 5シリーズをベースにしており、多くの構成部品を5シリーズセダンと共用しています。

初代X5は2000年から2007年まで、2代目は2007年から2013年まで、現行モデルの3代目X5(F15)は2013年11月から販売しています。

BMWではSUVという名称ではなく、「SAV(Sports Activity Vehicle)」と呼んでいます。質実剛健なオフロード車両ではなく、BMWらしい「駆けぬける喜び」をコンセプトとしています。
いわばスポーツ走行も楽しめるSUVということですね。

競合車はメルセデスベンツのMクラスやポルシェのカイエンです。

BMW X3

BMW-X3

X5の成功を受けて2003年に誕生したのがX3です。トヨタ・ハリアーに代表される小型高級SUV市場に進出するために開発され、
X5のコンセプトを明確に受け継いだX3は、その適度なボディサイズと走行性能で大ヒットとなります。
X3の成功を受けたこともあり、2009年には更に一回り小さいX1が登場しました。

2011年に2代目が登場し、2014年のマイナーチェンジによってインテリアを中心に装備が充実されました。

Sponsored Link

車体の大きさの違い

X5の車体サイズ

3代目X5(2013年11月~)
全長:4,910mm
全幅:1,940mm – 1,985mm
全高:1,760mm

車両重量:2,200 – 2,390kg
最小回転半径:5.9m

2代目X5(2007年-2013年)E70

全長:4,884mm
全幅:1,935mm
全高:1,774mm

初代X5(2000年-2007年)

全長:4,665mm
全幅:1,870mm
全高:1,740mm

X3の車体サイズ

2代目X3
全長:4,650mm
全幅:1,880mm
全高:1,675mm

車両重量:2115kg~
最小回転半径:5.7m

初代X3
全長:4,565mm
全幅:1,853mm
全高:1,674mm

X3はBMWのラインナップではミドルサイズSUVですが、現行の全幅1,880mmは十分に大きいと言えるでしょう。街乗りメインで購入を検討する際には気を付けたいポイントですね。

積載性や荷室容量の違い

x3-luggage

X3の荷室は

2代目X3の荷室容量は通常時で550L。後列シートを倒した最大値は1600Lです。
初代X3は通常時で480L。

BMW X3 後列シートを倒した荷室
(BMW X3 後列シートを倒した荷室)

X5の荷室は

現行X5の荷室容量は通常時で650L、後列シートを倒した最大値は1870Lです。

BMW X5 後列シートを倒した荷室
(BMW X5 後列シートを倒した荷室)

燃費の違い

JC08モードでX5は8.6~13.8km/l、X3は12.1~18.6km/lです。

X5とX3のどちらがお好き?

価格差は200〜500万円のX5とX3。高級SUVと誕生して世界的に評価の高いX5と、ミドルクラスでありながらも十分に余裕があるX3。
あなたはどちらを選びますか?

→X5・X3の中古車を探す

今乗っている車を高く売るなら一括査定がお勧め

ディーラーに下取りに出したらビックリするほど安かった・・・。こんな経験はありませんか?査定額の低さに疑問を持った時はネットの中古車査定サービスを使ってみることをお勧めします。

私がカローラフィールダーの査定依頼をしてみたら、下取り査定額と買取り査定額の差が35万3千円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイド

保険料を徹底的に安くするなら

自動車保険の更新を機に見直しを考える人は多いでしょう。

保険料は保険会社によって異なりますから保険料を安くするためには見積もりを比較してみるのが一番です。

保険の窓口インズウェブでは最大20社の一括見積もりが受けられ、申込にかかる時間も5分程度です。

自動車保険一括見積もり

Sponsored Link

Sponsored Link