フレアクロスオーバーはどんな車
フレアクロスオーバーはマツダが販売する軽SUVモデルで、フレアシリーズの第3弾として2014年1月末に発売されました。マツダが製造しているのではなく、スズキ・ハスラーのOEM供給を受けています。

クロスオーバーとは自動車の形態のことで、ざっくりいうと『乗用車をベースにしているSUV』のことです。ランドクルーザーやジムニーのような本格的なオフロード車ではなく、あくまでも街乗りの快適性を重視しています。

そのポップなデザインの通り若年層がターゲットです。特にアウトドアやスポーツをする人たちを取り込んでいて、オンロードだけでなく気軽にオフロードを楽しめるのが特徴です。

フレアクロスオーバーの外観


フレアクロスオーバー(=ハスラー)はスズキ・ワゴンRをベースに開発されてています。サスペンションの変更と15インチホイールの採用によって最低地上高180mmのSUVルックにしています。

丸形ヘッドランプがアクセントになっているフロントを中心にポップな外観が好評で、ルーフを白や黒にで塗り分けた2トーンカラーが人気があります。

フレアクロスオーバーのインテリア

インパネはアクティブイエロー・パッションオレンジ・ピュアホワイトの3色があり、シートはホワイト・ブルー・オレンジ・イエローの4色から選べます。

後列シートは大人が座っても十分にくつろげる広さを確保しており、左右独立スライド機構とリクライニング機構が付いています。また、ラゲッジフロアは汚れを拭きとりやすい素材が採用されています。

前方に倒して停車中に使えるシートバックテーブルやテーブル機能付インパネボックスなど、豊富な収納スペースが魅力です。

走行性能・念おいについて

駆動方式はFFとフルタイム4WDが選択可能です。4WDモデルにはヒルディセントコントロールを軽としては初めて搭載しています。

ヒルディセントコントロール・・・下り坂で自動的にブレーキを効かせて7km/hいかに保ち、ドライバーをハンドル操作に集中させる仕組み。

悪路での発進性能を高めるグリップコントロールを標準装備しており、最低地上高180mmあり凸凹のある路面でボディが設置することはありません。オフロード走行性能はジムニーほどではありませんが、一般的な人が立ち入れるようなオフロードに行く分には困ることは少ないでしょう。

ミッションは副変速付きCVTのみです。

燃費はNAモデルが30.4km/L~32.0km/L、ターボモデルは26.2km/L(FF)~27.8km/L(4WD)です。

グレード別の安全装備について


フレアクロスオーバーは3つのグレードが設定されています。

  • XG:133.8万円(FF)~146.4万円(4WD)
  • XS:147.2万円(FF)~159.8万円(4WD)
  • XT:155.8万円(FF)~168.4万円(4WD)

最廉価グレードのXGはレーダーブレーキサポートが採用されており、車を認識することで緊急時のブレーキ補助の役割をしてくれます。

XSとXTはステレオカメラ方式のデュアルカメラブレーキサポートが採用されており、車だけでなく歩行者も認識されるようになりました。

スズキ・ハスラーとの違い

機能・外観・内装に関してはエンブレム以外の違いはありません。

フレアクロスオーバーのみの設定としては、ディーラーオプションのデカールやマツダサウンドチューンがあります。

マツダサウンドチューン・・・『高音質の16cmセパレート2ウェイスピーカーと音質改善インナーバッフルキットとの組み合わせにより、車室内の音響空間を改善させる」というマツダのオプションです。

ハスラーにあってフレアクロスオーバーにないもの

  • レーダーブレーキサポートなしの廉価グレード
  • 特定のボディカラー
  • 5速MT
  • 全方位モニター付メモリーナビゲーション

こんな人にお勧め

フレアクロスオーバー可愛らしい外観でカラーバリエーションやディーラーオプションのデカールが豊富ですから、若い女性に人気がある車種です。

積雪の多い地方に住む方はもちろん、冬に降雪地帯へ出かける人にお勧めです。本格的なオフロード車ではないとはいえ、日常使いには十分の走行性能を備えていますし、ジムニーよりもずっと快適な車内空間となっています。

降雪地域へ行くなら2WDではなく4WDにすることをお勧めします。

>>カーセンサーでフレアクロスオーバーを見てみる

今乗っている車を高く売るなら一括査定がお勧め

ディーラーに下取りに出したらビックリするほど安かった・・・。こんな経験はありませんか?査定額の低さに疑問を持った時はネットの中古車査定サービスを使ってみることをお勧めします。

私がカローラフィールダーの査定依頼をしてみたら、下取り査定額と買取り査定額の差が35万3千円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイド

保険料を徹底的に安くするなら

自動車保険の更新を機に見直しを考える人は多いでしょう。

保険料は保険会社によって異なりますから保険料を安くするためには見積もりを比較してみるのが一番です。

保険の窓口インズウェブでは最大20社の一括見積もりが受けられ、申込にかかる時間も5分程度です。

自動車保険一括見積もり

Sponsored Link

Sponsored Link